仮想通貨に興味を持った人と一緒にレベルアップ!

仮想通貨投資攻略ブログにようこそ。
仮想通貨は2018年に入って、
投機相場での値段の暴落、NEM盗難事件、
詐欺事件など、あまりいい印象がないかもしれません。
しかし、多くは利用する側の問題であって、
仮想通貨の技術そのものは革命的な技術革新だと思っています。
今後仮想通貨は大きく伸びて社会に浸透していくと考えられます。

今から初めても遅いということはありませんし、
リスクを理解した上で仮想通貨を購入することで、
大きく資産を伸ばす可能性は大きいと思います。

勇者BTC
仮想通貨に興味を持たれて
このサイトにお越しいただいだあなたと一緒に、
知識と資産のレベルアップを目指します!

投資は自己判断でお願いします。
仮想通貨でより多くの人が利益をだせるよう情報を発信しておりますが、
個人の投資に対して一切の責任を追うことはできません。

仮想通貨ってなに?

ざっくりいうと、
仮想通貨は株やFXのような金融商品で、

ブロックチェーンという技術を使ったネット上の通貨。

勇者BTC
現在では通貨といってもコンビニで使えませんし、
(今後はどうなるかわかりませんが、)
金融商品という認識で良いと思います。
世間で言われている仮想通貨って、大きく4つの話題で使われています。

投資商品としての仮想通貨

株やFX(通貨)みたいに仮想通貨も取引所でトレードできます。
先物やビットコインFXという取引もあります。

勇者BTC
まだまだ始まったばかりで未整備な点もありますが、
大きく成長していく金融商品だと思っています。

ブロックチェーンと仮想通貨

難しいイメージがあるのは、ブロックチェーン関連の話題で、
技術やプログラムの解説についてだと思います。
仮想通貨の代表格のビットコインって何?という質問に対して
誠実に回答しようとすると、ビットコインの仕組みである
ブロックチェーンのことが必ず出てきます。

このブロックチェーン、
管理者がいない、消去や改ざんが難しい、とメリットがあげられても、
具体的にどういううもので、どういう利益を社会にもたらすのか
感覚的に理解するのが結構難しいです。

勇者BTC
ブロックチェーンは
メール感覚で銀行を介さずにお金を送れるシステム
とまずは理解してみよう。

きちんと理解するには少し時間もかかりますが
仮想通貨に投資をするのであれば
がんばって勉強しましょう。

ICOと仮想通貨

怪しいイメージは詐欺まがいのICOが乱発されたことが原因だと思います。
あまりに多いために金融庁は消費者保護のため
仮想通貨交換業の登録のない所が発行するICOは
日本居住者には販売できないように禁止しました。

ICOは詐欺まがい、マルチまがいのものも多くあるため、
詳しくないうちはICOの情報は無視してほうが良いと思います。

マイニングと仮想通貨

マイニングとは仮想通貨の取引運用に必要な 膨大な計算を
お手伝いすることで 報酬をもらうこと。
仮想通貨の価格が上がっていくにつれて、
マイニングの競争も激しくなっています。
メジャーな仮想通貨は
スペックの高いパソコン、マイニング専用のマシンを何十〜何百台も
高い電気代を払って動かすことで
報酬を得るスタイルになってしまっているため
個人で参入するには障壁が高いです。
日本の企業もGMOやDMMが巨額の予算を投じて運用を開始しています。

勇者BTC
投資の観点から言えば
マイニングという仕組みで
ブロックチェーンが成り立っていることが
理解することが大事。

仮想通貨投資は他の投資と比べて何がいいの?

仮想通貨投資の最大の魅力はこれから数年間の伸びしろです。
世界経済よりも石油よりも、金よりも、
仮想通貨の方が現時点で伸びしろがあります。
インターネットがここ10年で大きく世界に浸透したように
仮想通貨が世界に浸透していく可能性はかなり高いと思います。
もちろんマーケットですから、伸びていく段階で
暴騰もすれば暴落もします。
しかし、長い目で見れば
大きいリターンが得られるチャンスがあると思います。

勇者BTC
最初の値段は日本円で1BTC約0.07円です。
今は100万円と考えると、10年で1500万倍!
2017年だけで10倍近い上昇になりました。
その後暴落もありましたが、
まだまだ上昇余地はあると思います。

仮想通貨投資のはじめかた

1.bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設


これから初める人はまずbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

  • 安全・信頼度の高さは資本金や株主をみても国内トップクラス
  • 盗難補償もついているので取引所に置いておいても比較的安心
  • ネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等をするだけでビットコインがもらえるサービスがあり、
    投資する前にビットコインがどういうものか体験することもできる。
  • bitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットならをマルイやビックカメラで決済もできる!

2.売買と決済をやってみよう

購入したり手に入れたビットコイン(BTC)を
売買したり決済したりしてみよう。
bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所に連動するウォレットは
マルイやビックカメラで対応しているところもあるので
決済体験してみるのもいいかも。
決済や送金するとビットコインが世の中に実在していることを実感します。

3.他の取引所も口座開設

取引所はトラブルがあって入出金が止まったり、
何かの規制で使えなくなる可能性もなくはありません。
また株がどの証券会社で買っても、同じ時間では同じ価格なのに対して、
仮想通貨は取引所によって価格が違います。(多少ですが)
保険の意味を兼ねてと、
またビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を
板で取引できる環境を手に入れておくために
あと1つか2つは口座開設しておいて
使えるようにしておいたほうが良いと思います。

おすすめはZaif(ザイフ)です。

勇者BTC

板取引のできる主要コインのセレクトが良くて
ビットコイン+有名アルトコイン数種類の取引に
すごく使いやすいです。
ビットコインの売買を理解して、
仮想通貨のいくつかに分散投資をしていきたい
2ndステップ以降重宝する取引所です。

4.アルトコインを調べてみよう。

アルトコインの中には
ビットコインにさらなる付加価値や
特徴を持っているものが多く、
通貨のプロジェクトの実現性、
利用者の増加など様々な要因が重なり合って
今後急激に価値を上げていく可能性があります。
しかしできたばかりのコインは
そのまま消滅してしまう可能性も高いです。
このブログではある程度時価総額が大くなった
中長期の投資対象として
良さそうなアルトコインを解説していきます。

5.ウォレットで管理しよう

現金や株や他の金融商品とちがって仮想通貨は管理が全部自己責任です。
取引所は盗難は保証しているところはあっても、
銀行の倒産時の預金保証(1000万円)のようなものはありません。
一部のコインの盗難はコインチェック事件のように保証さるかもしれませんが、
取引所が完全にハッキングされて全額持って行かれたら、
おそらくお金は帰ってきません。
仮想通貨はネットワーク上で存在する通貨なので
ネットワークにつながらないと、
取引することはできませんが、
保管するだけであればなにもネットワーク上に置いて
ハッキングの危険にされすことはないのです。
もちろんパスワードやピンコードを厳重に管理しないといけない上、
無くしたり忘れたりすると永遠に取り出せなくなりますので
究極の自己責任と言えます。
ある程度の額を投資運用していくのであれば
最終的にハードウォレットの管理は必須になってきますので
ウォレットについて勉強していきましょう。

勇者BTC
いざ、仮想通貨の冒険の旅に出よう!