仮想通貨をはじめる前に。

仮想通貨投資をはじめる前に、
リスクや管理を知らずに始めてしまうと、
値動き以外の思ってもみないところで
損失を被ってしまったりするので
仮想通貨がまだまだ未整備の市場だと理解してから
はじめましょう。

勇者BTC

まだまだ初まったばかりの市場だからこそ
伸びていく可能性も大きいという魅力があります。

仮想通貨投資が他の投資と違うこと

仮想通貨投資は他の投資と比べて
自己責任でやらなければいけないことが多い投資です。
仮想通貨の代表格、ビットコインが
そもそも誰かに管理された通貨から脱却して、
ユーザーそれぞれが管理して使える通貨を
目指してつくられたものなので、
自己責任、自己管理、というのが基本になります。

どういうことかというと
コインの管理→自己責任
コインの送金、受取→自己責任
すべて自己責任ということです。

コインの管理が自己責任というのは?

コインを預けていた取引所がハッキングされたり、
破綻したりある日突然サービスを停止して、
コインが取り出せなくなっても、
だれも助けてくれません。
日本の銀行や証券会社みたいに1000万円までの預金保証はないです。

勇者BTC

金額が大きくなると、ネットから切り離せるハードウォレットというUSBメモリみたいなものに
厳重にパスワードやピンコードを設定して自分で手元に持っておく形になります。
当然、パスワードが盗まれると中身を全額持って行かれる可能性があるからです。
しかし、ハードウォレットは自分で設定したパスワードを忘れると、2度と取り出せなくなることも理解しておかないといけません。


bitFlyer(ビットフライヤー)では取引所では盗難保証がありますが、
不正ログインによる日本円の盗難のみです。
コインチェック事件のようにハッキングされてコインが奪われたりした場合は
その時の取引所の対応次第です。

勇者BTC

コインの管理は少額のうちは取引所に預けていてもいいのですが、
投資額が増えると自分で管理する責任が発生すると覚悟しておくことが必要です。

コインの送金、受取が自己責任というのは?

仮想通貨は個人が直接相手に送金する仕組みになっています。

勇者BTC

実際に
9BitQEtcoxAnViwUYX9k6KupmmsEfWrGnr
のようなアドレスという文字と数字のランダムな組み合わせが
口座番号みたいなもので、やり取りするのです。
(入力ミスを防ぐためにQRコードを使うことも多いです。)

ところがこのアドレス、口座番号が個人と紐づいていません。
指定のアドレスに送ったことは証明できます。
ただし、その指定したアドレスが本当に送りたい相手なのかはわかりません。
アドレスは1人で何個も取れますし、
アドレスの生成に本人確認は必要ありません。
このあたりが暗号通貨とも呼ばれる仮想通貨の
匿名性の特徴です。

銀行の送金だと、銀行が間に入ってくれているので、
送金ミス等が起こった場合や、
送った送ってないの認識に違いが出た場合は
銀行がトラブルシュートしてくれます。
(だから取引が煩雑な海外送金は手数料が高い)

勇者BTC

通貨を誤送信した場合は戻ってこないと思ったほうがいいです。
また受取のため、こちらに送ってくれと示したアドレスが1文字違っていたら、
永遠に通貨を受け取れません。

まずは投資の前に仮想通貨の知識を身につける時間を取ろう!

仮想通貨への投資は他の投資に比べて
自己責任でやらなければならないことが多いです。
それだけ覚悟して勉強していければ
大きな資産を築ける投資のひとつだと思います。

勇者BTC

他の投資に比べると、
投資対象を調べることに加えて、
管理や使い方を自己責任で勉強しないといけない分
やり始めるまでに少し時間をとって
知識を身につけてからはじめよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク