積立投資は実際にやってみると、その効用に驚く!

「積立投資」投資に興味があれば、
一度は聞いたことがあるはず。
株だって投資信託だって、金だって
積立投資は一つの確立された投資手法だ。
ドルコスト平均法とも呼ばれ世界中で使われている。
お金持ちたちだってよく利用しているといわれている投資法。

勇者BTC

積立投資はきっと仮想通貨にだって
通用するはず。

積立投資ってどうやるの?

積立投資のやり方は簡単です。
毎日でも毎月でもかまいませんが、
決めた間隔のタイミングで、
同じ額を買っていく。それだけ。
毎月というのが一番用いられている気がしますが、
別に毎日でも毎週でも構いません。

勇者BTC

毎月少額の積立だと、なんだか貯金みたいに感じますけど、
毎月一定額を購入していくというのは
中長期の投資で有利なポジションを作っていくには
最適な方法の一つです。

積立投資の効果は?

例えば毎月一定額を積み立てるとどうなるかを考えてみましょう。
ビットコインが100万円くらいなので
分かりやすいように
毎月100万円積み立てると仮定しましょう。

1月 2月 3月 4月 5月
BTC値段  100万  200万円  50万 125万  100万
BTC購入枚数 1 0.5 0.8
購入平均価格 100万 133万 85万 93万 94万
投資額合計 100万  200万  300万  400万  500万
時価 100万  300万  175万  537万  530万

仮に設定したにしても激しい値動きですが、
下落した時に買い増ししているので、
最初に買った値段に戻ってきただけなのに
プラスになっています。

もちろん下落した時は大きなマイナスになっています。
しかし積立続けることができれば、
結果購入単価が下がりやすく、
利益の出やすいポジションをつくりやすい。
これが中長期で投資するには大きく効いてきます。

勇者BTC

一定額を買い続けると、
値段の高いところでは少ししか買えません。
値段の低いところでは多く買うことになります。
だから購入平均単価が
思っていたよりも低い結果になりやすいです。

積立投資を解説した動画。仕組みをを整然と説明してくれています。。

積立投資に否定的な意見もある。
積立投資に対して否定的な意見もあります。
リスクを抑える代わりに収益機会も逃しているので、
本当に有効なのかはわからない、とか。
株でよく説明される毎月1株購入と1万円購入の比較は
そもそも比較対象としての毎月1株買う意味が
まったくされていない、とか。
積立投資VS一括投資は神学論争みたいで
好む投資スタイルによって見方が変わります。
積立投資をおすすめしますが、
自分に合っているかを決めるのは自分自身です。

勇者BTC

ここまでは、一般的な積立投資の説明です。
この理論を実践するとどういう効果があるか、
積立投資を実際にやってみた
勇者BTCが解説していきます!

積立投資は「買い」から解放される。

投資は
「何を買うか?」「いつ買うか?」「いつ売るか?」
この3点全部を当てないと利益が出ません。

「いつ買うか?」いざ自分のお金で買おうとすると

上昇時

下落時

ヨコヨコ(値段の変化があまりない)

となかなか買えないものです。

勇者BTC

結局、迷っている間に上昇しちゃって
えいやっと高値で買ってしまうか
下落の始まりで安いなと思って買ったら
さらに下がる、というパターンにはまりがちです。

ETH

買いで失敗すると
うまくいってトントン。
大抵負けになります。

XRP

積立投資はこの「買い」を
例えば毎月一定額買い付けする、
というルールを決めて実行するだけなので
迷うことはありませんし、続けることさえできれば
有利なポジションを作っていけます。

積立投資は買ってからの「日々の値動きの一喜一憂」から解放される。

仮想通貨を購入したら、
毎日、毎時間だってその通貨の値動きが気になります。
含み益になれば飛び上がるほど嬉しいし、


含み損になればこの世の終わりみたいな気持ちになります。


勇者BTC

買いは決めたタイミングで一定額買い続けるだけなので、
タイミングを考えなくていいです。
上がっても下がっても一定額買い続けます。
あとは利益が出るタイミングをひたすら待つ。
そうすることで勝てる確率が上がります。

積立投資は「狼狽売り」から解放される。

相場をやっていれば下げの局面は必ず来ます。
価格が下がって資産がどんどん目減りしてくると、
メンタル的にまいってしまって
売ってしまう、「狼狽売り」をよくやってしまいます。
もしくはFXでレバレッジをかけていると、
強制ロスカットされて大損するパターンです。

BCH

上げ続ける相場はありませんし、
下げ続ける相場もありません。

XEM

下落時はちょっと精神的にしんどいですが、
ルールを守っても一定額買いましょう。
しばらく含み損が続くかもしれませんが、
含み損の時も買い続けるとこによって、
買い単価が下がり、チャンスが増えます。

勇者BTC

もう辞めたいと思っても、
下げ相場で積立つづけることで
損しないで相場を終えられるチャンスも
巡って来やすいので、
下落時こそ積立をつづけよう。

下落は最後が一番大きい
下がってみんなが耐えきれなくなって、
売りだすと、どんどん売りが売りを呼んで、
大きな下げになってしまうことがあります。
セリングクライマックス、
略してセリクラなんていわれたりします。
下落は上昇に比べて特にスピードが早いので
パニック=「狼狽売り」になりやすいので
下落に巻き込まれてしまったら、
諦めて長い目線に切り替えて、
しばらく積立しつづけることをオススメします。

積立投資は余裕を生む。

積立投資で
「買い」「日々の一喜一憂」「狼狽売り」から解放されることで
普通に投資するより、
心理状態に余裕が生まれます。
これが積立投資を実際にやったことがないと、
なかなかわからないメリット。

勇者BTC

よく「投資は余裕資金でやりましょう」と
言われます。
でも投資は投資資金だけでなく、
気持ちも余裕を持ってやらないと負けやすい。
だから積立投資は普通の人が
勝ちをつかみやすい投資なんだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク