Zaif(ザイフ)のメリットは!? 取り扱いコイン、使用感をレビュー!

仮想通貨取引所の中でもおすすめな
Zaif(ザイフ)についてレビューしていきます。
本格的に仮想通貨投資していくなら
口座を開いておいて損はない取引所です。

勇者BTC

勇者BTCもメインで使っている取引所です。
本気で仮想通貨投資をするのであれば板取引で売買した方がよいです。
円建てで板取引できる通貨のセレクトセンスが良いです。

ETH
ビットコインの取引になれたら、
次に取引してみる仮想通貨はイーサリアムがおすすめ。ビットコインとイーサリアムで
仮想通貨のの時価総額の半分以上を占めています。
イーサリアムを円で板取引できる国内大手取引所なのでオススメなんです!

取引所と販売所
取引所は個人同士が値段をぶつけ合って売買が成立するので販売所(コインチェックの販売所・ビットフライヤーの販売所・ザイフの簡単売買)に比べて安く買えます。大量に売買するときは値が動いてしまうので販売所を利用するメリットがある場合もあるのですが、基本的に板取引で売買を行ったほうが安く買えます。

Zaif(取引所)の取り扱い通貨は?

Zaifは板取引でメジャーなアルトコインを扱っています。
円建ての取引(/JPY)が5種類。これだけ円建ての取引が
そろっているところはなかなかありません。

XEM

XEM/JPYの板取引があるのはここだけ。
Zaifの母体、テックビューロ株式会社の代表取締役朝山貴生氏は、
ブロックチェーンプロジェクトNEM(ネム)を推進する
「NEM.io財団」の理事を務めています。
簡単にいうと、ネム推進派の会社がやってる取引所です。

ネムはNEMとXEMの2つの表記こんがらがりますが、
NEM(ネム)はプロジェクトの名前で、
NEMの中で使われるお金(通貨)がXEM(ゼム)です。
取引所で表記されるのはXEM。お店の決済システムNEM決済

もちろんBTC建の板取引も扱っています。

これに加えてトークンもあつかっています。COMSAとかZaifトークンとか。
すでにある仮想通貨を拡張したものがトークンでなのですが、
初めたばかりの人はトークンには手を出さない方がいいです。
仮想通貨に慣れてからおいおい勉強しましょう。

他社にはないサービス

コイン積立が可能。

 

ザイフには投資信託のように仮想通貨を積み立てるシステムがあります。
ほったらかしで自動で積み立ててくれる、毎月1000円から始められるという意味では
このサービスから仮想通貨投資に入るのもよいだと思います。

勇者BTC

積立投資(ドルコスト平均法)は
無理なく安定感ある投資につながるので
勇者BTCのパーティーの基本戦略です。
ETH

ある程度の額を仮想通貨投資に突っ込むなら、
手数料1%〜が響いてくるので、
(板取引なら無料だったりマイナス手数料だったりします)
自分で板取引で購入していったほうがいいです。
チャット機能

トレードの板情報の横にチャット機能がついています。

勇者BTC

板取引の横でリアルタイムに 更新されていくチャットは
相場の雰囲気がわかって楽しいです。

XEM

トレード履歴を公開しているユーザーの
実際の取引も見ることができます。

売買の横でのチャットなので値動きに対してのことが多いですが、
ビットコインをはじめそれぞれのコインを
売買しているユーザーのカラーが出ている気がします。

Zaif(ザイフ)取引所の安全性

NEM盗難事件の後、
2018年2月のプレスリリースで
セキュリティ対策室の設置がアナウンスされ、
・データの暗号化
・コールドウォレット(ネットから切離し、ハッキングされない)
・マルチシグ(複数署名)
に対応済みだそうです。
基本的な安全対策はできていると思います。

XEM

国内大手取引所では
bitFlyer(ビットフライヤー)
coincheck(コインチェック)とともに古参の取引所。
NEM(ネム)をはじめとした
ブロックチェーンプロジェクトを
推進しているだけあって技術力は信頼できそう。
取引所が儲かるかだけでやっていない(気がする)ので
サービス継続という面では安心感がある。

勇者BTC

ただし盗難補償はないので、
購入した通貨がある程度の金額になったら
ハードウォレット等に移して保管しましょう。

またアクセス過多で時々サーバーがダウンすることもあるので
日中張り付きたいデイトレーダーはZaif(ザイフ)以外にも
取引所に口座を持っていいたほうが良いです。
月に数回しか取引しないのであれば、
それほど気にならないレベルです。

Zaif(ザイフ)利用に向いているユーザーは?

投資金額 30万〜
アルトコイン取り扱い ETH / XEM / MONA / BCH
投資サイクル 月数回〜年数回orコイン積立
コインの管理方法 ハードウォレット管理推奨
取引ツール PC / Mac

合計投資額が30万円満たないうちは
通貨もあれこれ手を出さずに、BTC(ビットコイン)1本がいいと思います。
また、手数料よりも、使いやすさ、管理のしやすさを
取引所の選ぶ基準にした方がいいです。

勇者BTC

本格的に仮想通貨投資をはじめるなら、
口座開設しておいて損はない取引所だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク